So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

青と僕ドラマのネタバレ5話目の視聴感想 [青と僕]

ドラマ『青と僕』の第5話目を視聴したので感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。


あいつの母親からの食事の誘いに、
ぼくと紫織は意を決して受けることにしました。

紫織はこのときの回想で、当時かなり追い詰められていたというか
打ちのめされていたというか。

あいつに描いてもらった肖像画を部屋に飾っていますが
それを手に泣いていました。

この絵は何度ドラマ内で登場していますね。

高校の頃休み時間に紫織の肖像画をあいつはぼくに見せていました。



そして2人はあいつの母親と食事の支度をして、食卓を囲みました。

この日はあいつの誕生日らしく、みんなで「おめでとう」を言って
乾杯していました。

あいつの母親は当然のようにあいつの分の箸などを用意していて、
ぼくとしおりはずいぶん気まずそうでした。

まあとうぜんといえば、当然ですかね。


あいつの母親が住んでいるアパートにぼくたちの同級生の母親が
住んでいるらしいです。

その人の息子が結婚したという話になり、あいつの母親はぼくと
紫織に結婚したらと勧めていました。

紫織にだけ「結婚は?」と尋ねるのは、最近の世相からすると
性差別になりそうですね。

紫織は「ありえない」と否定していましたけど。



そしてぼくはあいつの母親に目の異常のことや誰かに金を貢いでいることを
知っていたかと問いました。

母親は知っていたというか、異常を感じて調べたらしく知っていました。

大学をやめて荒んだあいつを見て、部屋を調べて診断書を発見。

部屋にあった顔が塗りつぶされていた肖像画?はあいつが塗りつぶしたそうです。



絵の話を聞いたとき、紫織はあいつが高校の頃コンクールに出して賞をとった
絵を学校に持ってきたときのことを思い出していましたね。

壁にかけられた絵を一人見つめていました。

あの絵はその後紺野によって顔を塗りつぶされてしまったのでしたね。

でもそういえば、紺野替えを塗りつぶす描写はありませんでした。

そして1人絵を見つめる紫織。

ということは、実は絵を塗りつぶしたのは紫織だったりしてね。



あいつが貢いでいたのは実の父親だったことも判明。

あいつの父親は一時期有名になった画家のようでしたが、
家庭内DVを働いていました。

そのことに関しては、以前ちらっと触れられていましたね。

あいつが母親を名前で呼ぶきっかけにもなっていました。



あいつは描いた絵をコンクールに出すことはなかったそうですが、
父親が審査員だと知って出すことにしたそうです。

少なくとも母親はそう思っているようです。



大学をやめたあと酒臭くなり、絵も止めてしまったあいつですが、
ある日突然絵を再会したそうです。

絵をもう一度描こうと思うし仕事も見つける、と。

何があったのかはわかりませんが、柄の道具を買い揃えていたそうですが
その1ヶ月後くらいに自殺をしてしまったそうです。



何があったのかは母親はいまだにわからないそうで、ぼくに訪ねていました。

なぜあの子はあなたを呼んだのか、と。

その問いに「ごめんなさい。ぼくが殺しました」と。

二人は親友だったはずなのに、何があったのでしょうね?



ぼくが捕まえた痴漢は冤罪で、ぼくが捕まえたとき頭部を強打していて
それが原因で亡くなっていました。

ぼくはあいつに「いつ死ぬかわからないと言っているけど、本当にそう思って
生きていないだろう」と指摘していました。

そのことであいつが死んだのは自分のせいと、ぼくは思ったのでしょうか?



ぼくを殺害しようとした男はLINEのことを知りませんでした。

だからぼくはあいつになりすましてLINEをしているのはあいつの母親だと
思っていたようですが、どうやら違うみたいです。

そうすると残るは紺野と紫織ということになりますね。

個人的には紫織かなと思いいますが、どうでしょう?



まだ5話目ですが、次で最終回のようです。

誰がなぜぼくにLINEを送ってきたのかが判明しますね。

以上です。

関連記事
青と僕ドラマのネタバレ最終回6話目の視聴感想
青とぼくのネタバレ
七夕さよならまたいつか欅坂46長濱ねる主演ドラマ2話の視聴感想
彼岸島ドラマネタバレ最終回10話の視聴感想
婚外恋愛に似たものネタバレ3話目の視聴感想



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。