So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

road to eden5話目までのネタバレと視聴感想 [ドラマの視聴感想]

ドラマ『road to eden』の5話目まで視聴したので、
感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。


4話目にニュークローンの開発者が登場しました。

ニュークローンを開発したのはタオという
研究者で、現在も生存しています。

研究に協力したのはカイトの母親だそうで、
現在は亡くなっているということです、

でもちょくちょく登場していますよね。

カイトがピンチに陥った時、母親エヴァが
語りかけるというシーンは何度も見たことがあります。

実は死んでいないのでしょうか?



カイトたち一行が目指しているエデンには
防衛システムがあり、その解除にタオが
必要なのだそうです。

ニュークローンを開発したり、防衛システムを開発したり
タオは優秀な科学者なんですね。

タオの専門は何なのでしょうね?

ニュークローン開発者の協力が必要と聞いて、
アリスはどう思ったでしょう?

アリスの父はニュークローンに殺害されていて、
アリスのニュークローンを憎む感情は相当なものでした。

ニュークローン開発者を仲間に加えて大丈夫なのかと
若干思いましたが、ぜんぜん大丈夫でしたね。

拍子抜けするくらいでした。



タオは要塞に囚われていて、
ちょっとイカれたようにも見えました。

だってネズミのぬいぐるみを生きているみたいに扱っていたし、
ただのパイプを銃のように扱っていたし。

誰が見てもイカれていると思ったと思います。

でもケンジたちがタオのもとへやってきたとき、タオは
普通でした。

イカれたように見えたのは演技だったようです。

部屋に盗聴器が仕掛けられているのを知って、
もしもの時のために演技をしていたのかもしれません。

まあもしもがあると信じ続けるのは大変でしょうけど。



ケンジたちがタオと合流した時カイトはリュウの策略に
ハマってしまっていました。

仲間と引き離されたカイトはリュウが待つ部屋に到着、
そこにアダムが登場しました。

本物ではなくホログラムでしたけどね。

アダムはカイトの母は人間に殺害され、本当の父は
自分であると告げます。

ピンチになった時カイトの目が緑色に変化しますが、その目の色は
アダムと同じ色でした。

アダムは世界を支配し続けるのにカイトが必要と考えているようです。

真実を知って回とはかなり動揺していましたが、
リュウも動揺したようですね。

どうやらリュウはアダムに息子と思ってもらいたいようです。

アダムのホログラムが消えた時、あからさまにカイトに憎しみを
ぶつけていました。

ケンジとセイラのおかげで助かりましたが、
リュウとカイトの戦闘力はずいぶん開きがありました。



第5話目では、カイトがアダムの息子と他の仲間に
知られてしまいました。

タオがその事実を知っていて、皆に話しました。

カイトの親友ケンジはすぐに「カイトは仲間だ」と言い、
他のメンバーも追従しました。

でもやっぱりアリスは無理だったみたいですね。

カイトが飛空艇からいなくなった知って皆が探しに出ても
アリスは残りました。

しかし父親を殺害したニュークローンの生みの親は
受け入れることが出来て、ニュークローンと人のハーフは無理
というのは、どうなのでしょう?

カイトが無理ならタオも受け入れるのが難しそうですけどね。

だってタオは父親が死んだ元凶だし。

アリスはタオに諭されてカイト捜索に向かいました。



皆が捜索している時カイトは、ニュークローンにナイフの的に
されていた母娘を助けていました。

そしてリュウから回と殺害を依頼されたニュークローンが
カイトを狙っていて、アリスがそれを阻止。

しかし、ニュークローンに反撃され気絶、それに気づいたカイトが
駆けつけ、空間に連れ込まれてしまいました。

今回のニュークローンはカエルの姿をしていました。

今まで哺乳類でしたが、哺乳類以外もいるんですね。

でも舌が伸びたりしていたから、カメレオンの要素も
持っているのかもしれません。

今回も追いつめられたカイトが緑色の目に変化して
ニュークローンを倒しました。

カンベイは普通の人でしたが、ニュークローンを倒したことがあり、
単純な戦闘力ではカイトよりカンベイのほうが上なのかもしれませんね。



戦いの後、意識を取り戻したアリスは怪我がなく、
ただ気絶していただけだったようです。

刃物で切りつけられましたが、父親のノートのおかげで大丈夫だった
ようです。

こういう時、以前ならそんなもので助かるのかと思っていましたが、
至近距離から銃撃されたが本のおかげで助かったという話を聞いてから
信じるようになりました。

ノートはずいぶん薄かったですが、銃弾ではないからあの程度でも
大丈夫なのでしょうね、きっと。



そして一同は飛空艇に戻り、エデンの防衛システム攻略のため
メイズという場所へ向かうことになりました。

メイズは向かったものが一度も戻ってきたことがない場所らしいです。

たいていこういう世界観には登場しますよね、
一度入ったら戻ってこられないという場所が。

まあ主人公御一行様だから、一度入ったら戻ってこられない場所からの
初めての生還者になるのでしょう。

そしてそれが人々の間に広まって、主人公たちは希望の星となる。

しかし情報通信技術がほぼ無くなっている世界で、どうやって噂が
広がるのでしょう?

世界を見た限りでは人々が頻繁に他所へ行くようには思えないし。



撮影の殆どを台湾で行ったらしいですが、異世界感は
きっちり出ていますよね。

面白いかはよくわかりませんが、今季唯一まともに
視聴しているドラマではあります。

もうちょっとアクションシーンがほしいところですが、
あまり贅沢は言わないでおきます。

以上です。

関連記事
精霊の守り人最終章のネタバレと感想
オーファン・ブラック日本版のネタバレ
咲-Saki-阿知賀編実写版ネタバレ特別版の視聴感想
徳山大五郎を誰が殺したか?のネタバレ
銀魂ミツバ篇ネタバレ



スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。