So-net無料ブログ作成

彼岸島ドラマネタバレlove is over2話目の視聴感想 [彼岸島love is over]

ドラマ『彼岸島ドラマネタバレlove is over』の第2話目を視聴したので
感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。

ドラマ『彼岸島ドラマネタバレlove is over』はどうやらドラマ『彼岸島』と
映画の間の物語のようですね。

だから途中から感があったんですね。

ドラマ『彼岸島』を視聴していないので、内容がわかりにくいですが
一応ストーリー走っているのでなんとかついていけています。



第2話目は宮人の戦いで多くの仲間が犠牲となり、
明たちレジスタンスは研究室にあるワクチンを手に入れるために
吸血鬼村に向かう、というものでした。



雅役は栗原類さんだったんですね。

全然気づきませんでした。



宮人の戦いで3匹の鬼でしょうか?邪鬼?と明が戦っていましたが、
明の戦闘能力はもはや人ではありませんね。

3匹の鬼もしくは邪鬼はかなり巨大でしたが、割と1人で戦えていましたし。

まあ師匠のサポートもありましたが。



鬼たちは普段は誰彼構わず襲うそうですが、3匹の鬼もしくは邪鬼は操られている
らしく、明のみを攻撃していました。

操る能力もしくは操っている人を『マインドジャック』と呼んでいました。

マインドジャックをやっているのは雅だと当たりをつけたユキは雅めがけて
弓を放っていました。

雅は吸血鬼の親玉、ラスボスです。

ラスボス相手に怯むことなく弓を射ることができるというのはすごいですよね。

まあ当たる前に止められた挙げ句、噛まれてしまいましたけどね。



『彼岸島』ではどうやら噛まれただけでは吸血鬼にはならないみたいですね。

ユキの他にも噛まれた人がいましたが、吸血鬼に変化していませんでした。

吸血鬼の血を体内に取り込むことで吸血鬼化するようなので、噛まれること
自体はあまり問題ないのかもしれません。

つまり、吸血鬼の血がついて弓を射られ、それがあたった人は皆吸血鬼になる
ということで、噛まれるより厄介ですね。

吸血鬼の血が口に入っても吸血鬼になるのでしょうか?

でも誰もマスクをしていなかったので、それは大丈夫なのかもしれませんね。



研究室にワクチンがあるそうですが、吸血鬼たちはそれを知らないらしいです。

でも研究室は地面の下に埋もれていて、緊急脱出通路でしか中に入れないとか。

緊急脱出通路はトンネルになっていて、吸血鬼や未知の邪鬼?鬼?がいるそうです。

レジスタンスは戦いで仲間を10人位失っているらしいですが、積極的に
攻めることにしたようです。

2チームに分かれて、1チームが敵をおびき寄せて残りのチームが地下通路を目指す
という作戦が取られることになりました。

ちなみに明は地下通路を目指すチームで、ユキなども同行します。



他の吸血鬼映画やドラマなどでは吸血鬼の弱点の中に太陽光があるから、
それを利用して、ということができます。

しかし『彼岸島』ではそれができないので、レジスタンスは苦戦を強いられて
しまっています。

彼らが使っている武器も人と戦うようなものばかりだし、
正直、よく戦ってこれたなと。

戦う技術も大事ですが、吸血鬼の弱点を探る研究も並行して
行ったらと思わなくもありません。

まあ難しいのかもしれませんね。

なんせ絶海の孤島ですし。

現在dTVで見放題配信されています。

興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2018年4月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

以上です。

関連記事
彼岸島ドラマネタバレlove is over3話目の視聴感想
銀魂ミツバ篇ネタバレ
ちはやふる繋ぐ全6話を視聴したネタバレ感想
彼岸島(映画)のネタバレ山本耕史と水川あさみ共演の吸血鬼映画
グッドモーニング・コールのネタバレ





スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。