So-net無料ブログ作成

ちはやふる繋ぐ全6話を視聴したネタバレ感想 [ドラマの視聴感想]

dTVオリジナルドラマ『ちはやふる繋ぐ』を視聴したので感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。

『ちはやふる』はマンガがアニメ化されて
映画化されたんですよね。

映画は全部で3策作られて、
dTVオリジナルドラマ『ちはやふる繋ぐ』は
映画第2作と3作の間の作品のようです。

「のようです」と書いたのは、映画を
視聴していないからです。

アニメも視聴していないんですよね~。

ちょっと興味はあったのですが第1話を見逃してしまって
見る気が失せて、映画もいつの間にか公開が終わっていたため
その後の2作目以降も見ていないんです。

TVで放送された文も結局見られなかったし、
きっともう見ないと思います。



映画『ちはやふる -上の句・下の句-』ダイジェスト映像





dTVオリジナルドラマ『ちはやふる繋ぐ』は
1話がだいたい10分位と短いです。

ドラマ部分は前半約5分で、残り約5分は
メイキングでした。

第1話では『ちはやふる下の句』の初日舞台挨拶で
続編制作決定というサプライズ発表の様子が見られます。

その後キャストたちの中の良さとか映画についてのコメントなどが
ありました。

第1話だけそうなのかなと思ったら、第5話までがそうでした。



第6話は競技かるたについてのルールをキャストが
説明するというものでした。

途中映画のワンシーンが挿入されていたりもしていましたね。

まあ映画を視聴していないので、本当に映画のワンシーン化は
不明ですけど。



だいたい主演の広瀬すずさんがメインですが、第4話は広瀬すずさん
演じるちはやのライバルがメインの回でした。

そして第5話は名人と呼ばれている男性キャラがメインでした。

名人・クイーン決定戦の開始直前の様子でしたね。

孤高の名人と呼ばれている男性がもみじ饅頭を食べまくるという
ちょっとシュールな感じでした。



個人的には第3話のちはやがコーチでしょうか?師匠?と
屋台のラーメンを食べるというシーンが好きです。

師匠はお金がなくて千早だけラーメンを食べるのですが、会話から
唐揚げを注文したりとんかつを注文したりして師匠を慌てさせる
という内容でした。

最終的にちはやが部員に師匠がラーメンを奢ってくれるという
内容のメールを送信したため部員が集合してさらに師匠を
慌てさせるというものでした。

コミカルで面白かったです。

師匠役の人は強面な感じの國村隼さんでした。

刑事ドラマなどに出演されているイメージが強いですが、
若者を導くという役も似合いますね。



映画もアニメも視聴していないし、原作の漫画も
呼んでいないので内容はちんぷんかんぷんです。

でも映画を見た人なら楽しめるんじゃないかなと思います。

メイキングってDVD/BDに特典として収録されているものが
ほとんどなので、買わなくても見られるというのは
お得だなと思いました。

第6話で競技かるたのルールや試合の流れなどを優希美青さんと
佐野勇斗さんが説明してくれます。

映画やアニメ、原作の漫画を見たり呼んだりして競技かるたに
興味を持ったけどとっつきにくそうだなと思っている人には
超入門編として視聴するのもいいかもしれません。



上白石萌音さんがナレーションを務めていて、相変わらずいい声だなと
癒やされたりもしますね。

dTVオリジナルドラマ『ちはやふる繋ぐ』にもちょろっと登場していますし、
なにげに登場人物が豪華ですよね。



dTVオリジナルドラマ『ちはやふる繋ぐ』は
映画を見た人もこれからの人も楽しめるドラマなんじゃないかなと思います。


映画『ちはやふる -結び-』の予告


以上です。

関連記事
銀魂ミツバ篇ネタバレ
不能犯ドラマ版のネタバレ
精霊の守り人最終章のネタバレと感想
オーファン・ブラック日本版のネタバレ
road to eden ネタバレ最終回までの視聴感想




スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。