So-net無料ブログ作成

咲-Saki-阿知賀編実写版ネタバレ1話の視聴感想 [咲-Saki-阿知賀編実写版]

咲-Saki-阿知賀編ネタバレ1話の視聴感想です。
※ここから先はネタバレしています。

以前『咲-Saki-』がドラマ化されその後映画化されましたが、
こちらもドラマ化後に映画が公開されるみたいですね。

アニメ版は『咲-Saki-』だけした視聴していないので
こちらについては全く知りません。

なので登場人物たちがどの程度アニメ版とにているのかとか
全然わかりませんね。

dTVで配信されているみたいなので、時間があったら&ドラマが
面白かったら視聴してみようかな~とか思っています。


興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2017年12月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。



小学6年生の頃転校してきた原村和と仲良くなった高鴨穏乃と新子憧。

穏乃は元気印の女の子という感じで憧は大人びたこという印象です。

3人はすぐに仲良くなり、和が麻雀が打てると知ってこども麻雀クラブ
に誘います。

結構な田舎らしいですが、中高一貫の女子校があるとかちょっとびっくり。

和も驚いている様子でしたが、穏乃達曰くお嬢様学校らしいですね。

どうしてお嬢様学校が田舎にあるのか不思議ですが、
言われているほど田舎ではないのかもしれません。



麻雀クラブで松実玄と出会いますが、この人とんでもない人でしたね。

麻雀をやらないからよく知りませんが、持っているだけで加点になる赤ドラ
というものを集める能力があるそうです。

和はその能力を否定していましたが、穏乃と憧はそう思っている様子でした。

実際ドラは玄のもとにしかいかなかったみたいですし。

それを使いこなせればプロとしてやっていけそうですね。



このまま4人で麻雀をやっていくのかと思ったら翌年に和は転校、
憧は強豪高校に入ることを目指して麻雀の強い中学校へ。

こども麻雀クラブもなくなって穏乃は麻雀から離れてしまいました。

しかし中学3年になりTVで和が中学生麻雀大会で優勝したという
ニュースを見て再び麻雀をやることに。

憧を誘いますが、憧はずっと麻雀をやっていくことを目標に行動していたから
思いつきには付き合えないと誘いを断りました。

ひょっとしたら憧はプロを目指しているのかもしれませんね。



穏乃は高等部にある元麻雀部を訪れ、そこで玄と再開しました。

玄は1学年上でこども麻雀クラブでの掃除当番で決めた『木曜日は玄』を
ずっと守っていたみたいです。

たった一人で続けるのは大変ですね。

よく心が折れなかったと思います。



穏乃は高等部に進級したら麻雀部を復活させて全国大会へ出場すると決意、
玄も賛成しますが、部員が足りず。

そもそも麻雀が強い人は晩成高校へ行くらしいから、立ち位置としては
咲たちと同じですかね?

麻雀部がないから穏乃たちのほうがより大変か。



憧が現れ予定していた高校に入学せず阿知賀女子学院に入ることにしたようです。

ずっと晩成高校を目指していたのに、なぜ辞めたのでしょう?

穏乃に誘われたから?

でもそんなようなことをつぶやいていましたよね。

阿知賀で~、て。

ずっと阿知賀でやれたらと思っていて、穏乃に誘われたことが引き金となって
その思いを閉じ込めておけなくなったということでしょうか?



まだ穏乃と憧は中学生ですが第2話では高校生になっているでしょう。

部員をどう集めるのか、ずっと麻雀から離れていた穏乃の実力はどの程度なのか。

課題が山積みですが頑張って欲しいですね。

以上です。

関連記事
咲-Saki-阿知賀編実写版ネタバレ2話の視聴感想
咲-Saki-阿知賀編実写版のネタバレ
咲-Saki-第1局のネタバレ咲と和の出会い
咲-Saki-のネタバレ
オーファン・ブラック日本版ネタバレ1話
精霊の守り人最終章のネタバレと感想




スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。