So-net無料ブログ作成

オーファン・ブラック日本版ネタバレ1話の視聴感想 [オーファン・ブラック~七つの遺伝子~]

オーファン・ブラック~七つの遺伝子~ネタバレ1話の視聴感想です。
※ここから先はネタバレしています。

元KARAの知英主演のドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』が
始まりましたね。

ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』は
カナダのドラマのリメイクですね。

dTVでシーズン1&2が配信されていて、シーズン1は全て視聴しました。

興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2017年12月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。


オリジナル版が放送されていた時、主演の女優さんの演技力が絶賛されていたと
記憶しています。

複数の人物を演じ分けるのは相当大変だッタと思いますが、
見ていて混乱することがありませんでした。



施設で育った沙羅には娘がいますが、収入が不安定なため
養母に娘を奪われてしまっています。

近づいたら児相に電話って、結構な脅しですよね。

養母冴子の口ぶりから察するに、沙羅と冴子はあまり仲が良いように
思えません。

少なくとも沙羅の味方というわけではなさそうです。

でも引き取って育てたんですよね。

こじれる何かがあったのでしょうね。

カナダ版でも沙羅と冴子みたいな感じでしたが、
どうしてそうなったか話していたかな?

覚えていません。



沙羅は仕事先でいじめを受けて過剰に反撃してしまいました。

あの様子では首になったことでしょう。

その日の帰りの駅で飛び込み自殺に遭遇した沙羅。

それだけでもショッキングなのに自殺した人が自分と同じ顔だったなんて
動揺しない人はいませんよ。

でも沙羅は立ち直り早かったですね。

自殺した人のバッグを見て周囲を伺い、拾ってダッシュ。

なかなか出来ることではありません。



沙羅は同じ施設で育ち、同じ養母に育てられた義理の弟薫乃元へ向かい
事情を説明。

免許証の写真を確認した薫は沙羅とそっくりなことにかなり驚いていました。

まあ誰でも驚きますけど。

名前が違くて良かったですよね。

ドッペルゲンガーだったら沙羅も死んでいたことでしょう。

まあドラマ『フラッシュ』でドッペルゲンガーがいっぱい登場していますけど、
遭遇した人のうち片方が生きていることが多いです。



カナダ版でも弟は登場していましたがオネエっぽかったと記憶しています。

住んでいる家の雰囲気は同じように見えますが、何やっている人なのでしょう?



沙羅を姉と呼び、なんだかんだで協力したりして。

仲が良いですね。



沙羅は自殺した椎名真緒子になりすますことを思いつき、反対をしていた
薫も結局協力します。

そして沙羅は真緒子の自宅へ向かい真緒子が刑事と判明して計画を中止しようとするも
薫は警察署にて真緒子の遺体をサラと告げて書類にサイン。

もう後戻りできません。

しかも沙羅は真緒子の婚約者槙雄と遭遇してしまっていますし。



ここまでの展開はカナダ版と一緒ですね。

真緒子の相棒金城が少々乱暴過ぎる気もしますが。



薫は沙羅と腐れ縁のナガセに沙羅が死んだと告げて真緒子の遺体がある
安置所へ案内。

ナガセは泣き崩れうちわだけのお別れ会を開催しました。

暴力的ですが好きだった人のためにお別れ会を開催するとは、
結構良いやつだと思いました。

どうやらヤクザらしいですけど。

しかしナガセは沙羅が死んだことを冴子に知らせたらしく、
お別れ会に冴子と萌絵がやってきてしまいました。

離れたところからお別れ会を伺っていた沙羅は慌てて、ちょうど通話中だった
薫に阻止するよう頼んでいました。

薫はどうにかすると言っていましたが、どうするのでしょうね?

冴子は簡単には引き下がらないだろうし。



真緒子になりすました沙羅ですが、真緒子は問題を抱えていたみたいです。

家には薬が結構あったし仕事中に誤って丸腰の犯人に発砲してしまったようですし。

事情を知らない沙羅は公聴会に望む前にトイレに設置されていた洗剤を飲み
超公開中に嘔吐して逃れました。

よく思いつきますよね、あんなこと。

そして思いついてもやりません、やれません。



沙羅はカウンセラーからなぜ真緒子が公聴会に望まなければならない理由を聞いたから
今度はうまくやれそうですね。

まあ現状は金に目が眩んだ沙羅が悪いのですけど。



自分のお別れ会の様子を見ていた沙羅は娘萌えが冴子とともに現れたと知り
慌てて車に戻ります。

そしてそこで同じ顔をしたピンクの髪の女性に遭遇しました。

遭遇というか、相手が尾行していたんですけどね。

ピンクの髪の女性はオク・ヨンエという韓国人で、沙羅を真緒子だと思って
接触してきたようです。

オク・ヨンエの口ぶりからすると知り合いみたいで、すぐに真緒子ではないと
バレてしまいました。

直後にオク・ヨンエは何者かに射殺されてしまいました。

動揺した沙羅は慌てて車を発進させ、運転中に真緒子のスマホに非通知の着信があり、
沙羅はスマホに手を伸ばしました。



真緒子はスマホを2つ持っていました。

黒とピンクのスマホで、金城が真緒子に電話した時黒いほうが鳴っていたから普段使っているのが
黒い方だと思います。

そしてピンクの方は真緒子の秘密に関わるやり取りをするためのもの、ですね。



知英はかなり流暢に日本語を話していますね。

時々怪しい部分もありますが、英語を話せない自分からするとあそこまで日本語を
使いこなせるようになるにはどのくらい時間がかかったのだろうと考えてしまいます。

母国語ではない言語で1人で複数の役を演じるのはかなり大変なんじゃないかなと。

カナダ版はシーズン4まで制作されたんだったかな?

日本は基本的にシーズン1で完結するドラマが多いですが、このドラマはどうなるのでしょう?

どうなるにしろアナウンスがあったときから楽しみにしていたドラマです。

正直今回はあまり私好みのドラマがなく、唯一見続けているのは
けやき坂46主演のドラマ『リマインド』だけです。

このドラマも展開があまり変わらずちょっと飽きてきています。

なのでこのドラマにかなり期待しています。


カナダ版のドラマ『オーファン・ブラック』は
dTVでシーズン1&2が配信されています。

興味のある方はどうぞ。
↓  ↓  ↓

※本作品の配信情報は2017年12月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。


以上です。

関連記事
オーファン・ブラック日本版ネタバレ1話
オーファン・ブラック日本版ネタバレ2話の視聴感想
オーファン・ブラック日本版のネタバレ
咲-Saki-阿知賀編実写版ネタバレ1話の視聴感想
精霊の守り人最終章のネタバレと感想




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。