So-net無料ブログ作成

オーファン・ブラック日本版ネタバレ1話 [オーファン・ブラック~七つの遺伝子~]

オーファン・ブラック~七つの遺伝子~ネタバレ1話です。
あらすじ
青山沙羅は駅のホームで自分と同じ顔の女性と遭遇しました。
※ここから先はネタバレしています。
仕事場で問題が起きたことを駅のホームで青山沙羅は
養母青山冴子に電話報告。

通話後沙羅は自分と同じ顔の女性と遭遇、女性は飛び込み自殺し
沙羅は女性が残したバッグを持って逃走しました。



沙羅は同じ施設で育った義理の弟青山薫のもとを訪ね、
バッグを見せます。

バッグに入っていた椎名真緒子の免許証を確認した薫は驚愕、
言ってみようと思っていると沙羅。

薫は飛び込み自殺をするくらい大きな問題を抱えていたのだと反対、
金を貯めて娘萌絵と香ると3人でクラス約束を果たせていないと沙羅。

真緒子の2つあるスマホの黒い方に金城から着信がありますが応答せず、
沙羅は荷造りして待つよう告げて真緒子の家に向かいました。



真緒子の家に到着、家には誰もおらず沙羅はクローゼット等を物色、
真緒子に恋人岩城槙雄がいることを知りました。



薫のもとを沙羅と腐れ縁のナガセが訪問、沙羅の所在を問い、
知らないと薫はシラを切り通しました。



薫は電話でナガセが来たことを沙羅に報告、沙羅は通話しながらPCをチェック、
銀行からのメールを見、家宅捜索して通帳を見つけ750万円の預金があると
知りました。

預金を発見したと沙羅は薫に告げ金を持って逃げようと持ちかけ、
恋人がいるのだし遺体を確認して身元が判明すれば金が盗まれたこともバレると
薫は反対。

ネットに飛び込み自殺の記事がアップされていて警察が身元情報を求めていることを
知った沙羅は良いこと考えたと薫に告げました。



沙羅は真緒子と槙雄のビデオを見まくり、筆跡をまねる練習をしました。



真緒子になりすました沙羅は外出、信号待ちで自分を見つめるピンクの髪に
サングラスの女性の存在に気づきました。

女性の前を車が通り過ぎると女性の姿は消えていました。



沙羅は銀行を訪れ口座の解約を申請、その間に薫は姉が帰ってこないと
警察に電話しました。

沙羅は口座のほか貸金庫もあると知り解約、
貸金庫の中にあったのは複数の女性の出生証明書でした。



沙羅が帰宅すると男が現れ沙羅を車に乗せ、
沙羅は男の名前が金城と知ります。

金城は車を走らせ、その様子をピンクの髪の女性が
見ていました。



金城は沙羅を警察署に連れていき、
沙羅は真緒子が刑事で聴聞会に呼ばれていることを知りました。

沙羅はトイレに駆け込み薫に電話して作戦中止と留守電に残します。

その頃薫は真緒子の遺体確認を行い姉だと告げて手続きを行いました。

薫が電話に出ず沙羅は手洗い用に設置されていた洗剤を飲み聴聞会に臨み、
嘔吐してしまいました。



薫は訪ねてきたナガセに沙羅の死亡診断書を見せ、ナガセは信じないと
書類を握りつぶし、遺体を確認して号泣しました。



沙羅はカウンセリングを受けて真緒子がなぜ聴聞会に出席しなければならないのかを
知りました。



真緒子の家で沙羅の入浴後に槙雄が帰宅、沙羅は聴聞会を失敗したと告げ、
槙雄は髪が長いと指摘、沙羅は槙雄にキスしてソファに押し倒しました。



翌日沙羅は車で外出、その後を金城が尾行、沙羅は銀行で金を受け取り、
薫のもとを訪ねて自分のお別れ会が開かれることを知りました。



沙羅は自分のお別れ会を遠くから確認、薫は電話で施設メンバーだけと説明。

冴子と萌絵が来たことに気づいた沙羅は萌絵に自分が死んだと思わせないでと訴え、
薫は了承します。

沙羅は車に戻り、ピンクの髪の女性が後部座席に乗っていて沙羅は動揺、
女性は沙羅と同じ顔をしていてオク・ヨンエと名乗ります。

オク・ヨンエは咳き込み沙羅は気遣い、オク・ヨンエは沙羅が真緒子ではないことに
気づきました。

突然狙撃されてオク・ヨンエは死亡、さらに発砲が続き、沙羅は車を発進させ
逃走しました。

車を運転中、2つあるスマホのピンクのほうに非通知から着信があり、
沙羅はスマホに手を伸ばしました。

第1話終わり。

関連記事
オーファン・ブラック日本版ネタバレ1話の視聴感想
オーファン・ブラック日本版ネタバレ2話
オーファン・ブラック日本版のネタバレ
咲-Saki-阿知賀編実写版ネタバレ1話の視聴感想
精霊の守り人最終章のネタバレと感想




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。