So-net無料ブログ作成
検索選択

進撃の巨人反撃の狼煙1話・2話・3話(最終回)の視聴感想 [進撃の巨人反撃の狼煙]

進撃の巨人反撃の狼煙の視聴感想です。
※ネタバレしています。
突然巨人が現れて人類の文明は壊滅、生き残った人々が壁を築いて100年後、超大型巨人によって壁に穴を開けられてしまいます。

ドラマは、エレンたちが調査兵団に入る前、巨人の襲撃から10ヶ月後です。


『進撃の巨人反撃の狼煙』の予告



兵士たちは薔薇の紋章だったりユニコーンの紋章だったりを付けていますが、調査兵団の自由の翼は見かけませんでしたね。

見落としたのかな?



マンガやアニメでは立体機動装置はアンヘル・アールトネンという人物が開発したことになっています。

しかしドラマでは立体機動装置の開発者はハンジでした。

第1話はハンジが立体機動装置を作るまでが描かれています。

作るまでといっても、実際に作るところは描写されておらず、立体機動装置を思いつくところまで。

そして作って実演してみせますが、壁に激突してしまいました。

下手したら死んでいましたが、メガネが壊れたのと多少怪我をしたくらいで住んでいます。



ハンジの体を張った実演のお陰か立体機動装置研究に予算がもらえることになり、専用の兵士も集められることになりました。

この兵士たちが調査兵団ということでしょうか?

調査兵団の前身部隊といったことろでしょうか。



マンガやアニメでハンジは生きた巨人を捕獲して観察や調査を行っていましたが、ドラマでも同じようなことをしていました。

ただし、調査兵団がいないので全部1人でやっていますが。

ユノヒラなど上司たちには内緒だそうで、あんな巨大なものをどうやって周囲にさとられずに隠れ家に運んだのやら。

この頃はまだうなじが弱点というのはごく限られた人たちにしか知られていない様子です。

上層部は知っているとか前回捕らえた巨人は何者かに殺害されたとか。



ミステリーっぽい部分もあるようですが、雰囲気は全然です。

ハンジを演じている石原さとみさんの振り切った演技が素晴らしいとしか言えません。

ハンジがコメディアンみたいですが、アニメに登場するハンジを考えると、実写版はこんな感じかなと。

映画を見ていないのでなんとも言えませんが、結構ハマっているかなと思います。



第2話はサシャを主人公にしていますが、アニメとだいぶ設定が違います。

マンガではどうだったか覚えていませんが、アニメでは父は登場しましたが母は未登場だったと思います。

dTVオリジナルドラマではサシャは父の弟の家で暮らしているという設定のようです。

飼い犬シロがいて、サシャと一緒に狩りに行くなど、結構しっかりしている犬でした。

弟とその奥さんはサシャを疎んじているようで、巨人が侵入して逃げる際シロがいないと動揺するサシャを置いて逃げてしまいました。

酷いです。



巨人侵入から4ヶ月後、サシャは調査兵団に入団したんだか配属されたんだかで立体機動装置の訓練を行います。

立体機動装置の訓練の時、エレンは最初ひっくり返ってしまっていましたがドラマ版ではサシャがひっくり返ってしまっていました。

しかも装置に問題はないらしいです。

立体機動装置の訓練シーンは短く、あっという間だったのでその後どうなったか分かりません。



食事量が少なく不満を言う新兵をなだめるユノヒラ、その言葉を聞いてサシャは新人料理人が関係していると思い至ります。

よくあれだけでそこまで推理できたものだと思いますが、さらに弓まで自作して待ち伏せまでしています。

アニメ版のサシャも食い意地が張っていましたが、執念深さはドラマ版のほうが勝っているように感じました。



サシャがメインの回でしたが、ハンジもちょくちょく登場しています。

いつもの奇人っぷりはなりを潜め影から見守る様子は出来るいい女系でした。



第3話は『自由への旅立ち』でオリジナルキャラが主役です。

時間軸は巨人の襲撃から20ヶ月後で壁外債権団出征まで4ヶ月のところです。

映画にも登場したキャラのようですが、映画は未視聴なのでどういう役回りなのかは不明です。

ネタバレも書こうかなと思っていましたが、正直、内容がバカバカしすぎて止めました。



内容はフクシ、リルは同じ訓練兵団にいて訓練を行います。

リルはモテまくっていますが「自分より弱いから」という理由でフリまくり。

フクシはリルに勝ったら付き合ってと戦いを挑み「君は僕が守る」とリルを抱きしめました。

2人は後日、仲間に結婚すると宣言、しかしリルがフクシの浮気を疑い破棄して「私より強くてキスした人と結婚する」と宣言、男たちが群がります。

次々と撃破していくリル、フクシは教官の仲間の女たちを倒してリルの加勢に向かいます。

立体機動装置を使って巨人の模型の上で戦闘、訓練兵たちを全て倒した後、悪徳教官たちが向かってきて2人は再び戦闘。

教官はリルを殺害しようとしてフクシが助け、教官たちを撃破。

2人は巨人の模型の上でキスをしました。



だいたいこんな内容です。

3話も1&2話に続いてハンジ、イズル、ユノヒラが登場しましたがゲスト出演といったところ。

2話目の食事シーンがあるので、本郷奏多さん演じるアルミンもちらっと登場します。

1話めからコメディ要素がありましたが、回を重ねるごとにそれが強くなってついに最終話で炸裂といったところです。

進撃の巨人はアニメを1&2期すべて視聴して、マンガも途中まで読んでいます。

個人的にこういうドラマなら作らないでいてくれたほうが良かったかなと。

1話目のハンジがまともに見えます。

ちなみにその後、悪徳教官とその仲間たちは軍法会議にかけられて壁外作業員へ降格させられています。



映画自体が酷評の嵐だったこともあって、視聴するつもりはなかったのですが石原さとみさんは好きな女優さんなので視聴しました。

石原さんのファンなら第1話を視聴すれば十分だと思います。

よくって2話目までかな。

1話完結タイプのドラマなので、全部を視聴する必要はありません。

まあかっこいいシーンが3話目にもあるので全話視聴するのもいいですけどね。

私はタブレットで倍速視聴したので、訓練の様子や剣を交えての戦闘シーンはなかなか迫力があったかなと思いました。

dTVで配信されているので、興味のある方はどうぞ
↓  ↓  ↓


関連記事
進撃の巨人反撃の狼煙2話「希望の弓矢」のネタバレ
進撃の巨人反撃の狼煙1話「反撃の幕開け」のネタバレ
デッドストック ドラマ が怖い
残酷な観客達 最終回 意味わからないまま終わった





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました