So-net無料ブログ作成
検索選択

進撃の巨人反撃の狼煙2話「希望の弓矢」のネタバレ [進撃の巨人反撃の狼煙]

進撃の巨人反撃の狼煙第2話「希望の弓矢」のネタバレです。
あらすじ
サシャが朝の狩りから戻る途中、壁内に巨人が侵入しているのを目撃します。
※ここから先はネタバレしています。
朝サシャは身支度を整えて飼い犬シロとともに森へ向かい、仲間と合流して狩りを行います。

狩りを終え戻る途中シロは吠え立てて走り出し、サシャたちは壁内に巨人が侵入してきていることに気づきます。

家族と逃げる途中シロがいないことに気づいたサシャは自分の弓のもとへ向かったのだ思い至り戻ろうとしますが狩人仲間に制止されました。



壁の修復のために決死隊が結成され送り込まれましたが敗走。

避難途中弓を発見したハンジは夜を待って巨人を捕獲しようと笑い、ユノヒラとイズルに引きづられて避難しました。



巨人が壁内に侵入して4ヶ月後、兵士となったサシャなどは立体機動訓練を行い、その様子をイズルとハンジは見つめました。

雨の中ランニングさせられ、お腹を空かせたサシャは調理場に見慣れない人がいることに気づきました。



夕食の時間、量が少なく不満を口にする新兵たちにユノヒラは管理は政府の仕事だから文句をいうなと注意。

サシャは調理場にいた見慣れない人のせいで食事量が少ないと考えて腹を立て、ユノヒラの夕食にがっつきました。



寝所に戻ったサシャは弓と矢を自作します。

食糧庫に現れた見慣れない人は仲間を連れて食料を強奪、サシャは弓を使って持ち去りを阻止しました。

調理場にいた見慣れない男を追い詰めたサシャは至近距離から弓を構えます。

しかし男から犬の臭がすることに気づいたサシャは男とその仲間を見逃し、男たちは箚しゃに感謝を述べ食料を持って去りました。

物陰から様子を窺っていたハンジは森で見つけた弓を思い出し、持ち主がいたとつぶやいてサシャ自作の弓矢を1本持って去りました。



翌朝サシャが目を覚ますとベッドの側に箚しゃの弓と矢が置かれていました。

サシャは驚きつつも笑顔を見せ、それを見届けたハンジは少し笑って去りました。



朝食中、食事量の少なさに食料を持ち去ることを許したことを後悔するサシャにアルミンが芋を差し出します。

サシャは感激し神様とつぶやき、2人は一緒に食事しました。


第2話終わり。

関連記事
進撃の巨人反撃の狼煙1話・2話・3話(最終回)の視聴感想
進撃の巨人反撃の狼煙1話「反撃の幕開け」のネタバレ
デッドストック ドラマ が怖い
残酷な観客達 最終回 意味わからないまま終わった





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました