So-net無料ブログ作成
検索選択

デッドストック ドラマ が怖い [ドラマの視聴感想]

新しく始まったドラマ『デッドストック 未知への挑戦』を視聴したので感想書きます。
※ネタバレしています。
30分と短いので最近は深夜ドラマばかり視聴しています。

7月に入って次々と新しいドラマがスタートしましたね。

一応色々視聴していますが『Love or Not』とか
1話を視聴して見るのをやめたドラマがいくつかあります。

正直最近始まったドラマ『下北沢ダイハード』はどうしようかなと悩んでいます。



さてドラマ『デッドストック 未知への挑戦』の感想ですが、
一言でいえば、

怖い

です。

私はJホラーが苦手なので、このドラマも結構苦手です。

心霊スポットへ向かって、実際に遭遇してというのはホラー映画やドラマの定番です。

だからそのことは別に怖くありません。

私が怖いと思うのは、突然何かが現れるやつです。

何かいそう、でもなかなか登場しない、からのばーん!

体がビクッとなります。

1人で視聴してよかったと思いました。

家族に見られたら絶対に笑われていました。



第1話の内容は
TV局の未分類のテープを視聴しているものと要らないものとに分ける作業を行う主人公たち。

最初のテープは、人気が出始めたのに突然おかしくなって自殺してしまったタレントの自殺の原因らしい 心霊スポットでのロケ映像でした。

編集してドキュメンタリー風にしたらいいのではと主人公の同僚(上司?)が提案、 主人公とその人とで取材を行います。

しかし関係者から話が聞けず、2人は心霊スポットへ。

そこでVTRにあった通り洞窟の中で3回クラクションを鳴らします。

何も起こらないと思ったら突然車の後部座席から女性が現れ襲撃、 2人は慌てて洞窟を出て後部座席を確認すると誰もいませんでした。

2人は戻ってボスに報告しますが、女性の姿を撮ったはずなのに写っておらず信じてもらえませんでした。

その後主人公が飲み物を買いに行こうとして廊下にインタビューを試みた男性の姿が。

男性は手を引くよう忠告、主人公が2人を呼びに行き戻ったら男性の姿はありませんでした。

主人公は男性に電話、すると電話に出た相手から男性が自殺したことを知らされ主人公は困惑しました。


こんな感じです。

嫌ですね~、こういうわけわからない感じ。

さっき話した相手が実はすでに死んでいるというのは時々見かけますね。

最近視聴したアンソニー・ホプキンスが出演した映画『ザ・ライト -エクソシストの真実-』に
登場しました。

外でも見たような気がしますが覚えていません。

突然あらわれるのも怖いですが、こういうのも怖いですね。



このドラマの主人公はADで、彼が付くディレクターは二階堂早織です。

あ、主人公の名前は常田大陸(つねたりく)です。

二階堂早織役を演じているのは早見あかりさんです。

早見さんは元ももいろクローバーZのメンバーだそうです。

何処かで見たことあるな~と思ったら、
ももクロメンバー全員出演した『シロメ』という映画に出演していましたね。


映画『シロメ』の予告



ももクロを卒業した後は女優さんとして頑張っているようで、
ちょくちょく見かけます。



ホラーは嫌いではないので最後まで視聴しようかなと思いますが、
リアルタイムでは見られません。

でも楽しみたいと思います。

以上です。

関連記事
残酷な観客達 最終回 意味わからないまま終わった
初森ベマーズのネタバレ
100万円の女たち 最終回感想



スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました